持ち込みについて

http://www.city.tachikawa.lg.jp/gomitaisaku/kurashi/gomi/recyclecenter/mochikomi.html自治体ごとに不用品回収を行っているというのは皆さんもご存知のことと思います。
実際に利用をされている方もまた多いのではないでしょうか。
手軽ですし、安心できるという点から日常的に利用しやすいサービスの1つともなっています。
通常、電話をして3日以内の回収という事が多いようですのでスケジュールに合わせて日程調整を行うのが良いのですが、状況が分からないなどという事もあるかもしれません。
このような方の中で自治体サービスを利用して不用品回収をしてもらいたいという場合に取れる方法というものはあるのでしょうか。
自治体サービスにおいてというところから考えると「持ち込み」ということが可能でしょう。
リサイクルステーションやごみ収集場に自ら持ち込むのがそのスタンスとなります。
料金などに関しては一般的な回収サービスと変りはありません。
そして事前の申し込みというものも必要にはなってきますが、開いている時間帯であれば持ち込み可能という場合が大半ですので融通が利きやすいのではないでしょうか。
また、住民カードなどで本人確認・住所確認などを行う地域が殆どですので証明できるものを持参することも大切です。
持込の場合に置いても、利用制限・品目制限などが設けられている場合もありますので事前に確認をしておきましょう。
また、営利利用を避ける為に車両重量制限がある地域も多いようです。
大型のトラックなどは入れないなどというケースも実際にありますのでご注意してください。
これら基本的なルールさえ把握しておくと便利に活用できることでしょう。
地域によっては日曜日であっても受け付けているというところもありますので平日は回収してもらうことが出来ないという方にも利用しやすいのではないでしょうか。
広報誌・小冊子などに明記しているところも多いですし、担当課に電話をしても指導してくれると思います。
このように、手段を選べるようになっていることも多い自治体サービス。
仕組みを知って上手に方法を選択していきましょう。