自治体サービスを利用する上で

http://gomisuke.jp/47都道府県の各地域ごとに、自治体サービスにおいて不用品回収を行うことが出来ます。
では、どのような方が利用できてそして利用の際に注意すべきことというものはあるのでしょうか。
先ず利用出来る人ですが、基本的にはどなたでも利用できます。
ただ「その地域・地区」に住んでいることが条件となります。
いくら近いとはいえ、他の地区に不用品回収を依頼するという事は出来ませんのでご注意ください。
地域によって若干の価格差がありますので、時には他の場所で回収をしてもらったほうが安く利用できるという場合もあるかもしれません。
しかし、申し込み手続きをする段階において住所などを伝える必要がありますので先のような価格によって利用先を決めるという事は出来ないのです。
次に注意ですが、自らが運搬すること。
どんなに大きなもの・重さのあるものであっても自らが運び出し作業をすることとなっています。
特例はありますが、これに該当しない限りはどのような品目であっても作業員の方が手伝ってくれることはありません。
予め、自ら運び出せるかどうか・誰かに手伝ってもらえ手配などをしておくと良いかもしれません。
万が一、それが出来ないという状況であれば自治体サービスではなく民間業者を利用するという事になるでしょう。
次に、1回に出せる品目の数・種類などが限定されている場合もあります。
とはいえ、10品目までとかなり余裕のある設定となっていることが大半ですので出し切れないという事は少ないかと思いますが注意しておいたほうが良いでしょう。
そしてこのような自治体サービスでの回収は「家庭ごみ」とされています。
ですから、事業系のゴミと判断されたものに関しては回収不可となるケースも多々ありますのでこちらにおいても予め確認をしておくと良いでしょう。
また、家庭ごみであっても生物など品目に該当しないものもあります。
特に難しいルールや規約というものはありませんが、これらを知った上で利用をするのがスムーズかと思います。
詳しいルールは各市町村のホームページ等(http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-shimin/dashikata/das3-1.html)で確認することができます。
また直接市役所に問い合わせるのも良いでしょう。