自治体で不用品回収をして欲しい

http://catr-therapeuticriding.org/compare.html47都道府県において、一般家庭で出たゴミに関しては不用品回収を行ってくれます。
俗に言う「粗大ゴミ」がそれに該当します。
品目に関しては、各自治体において多少の差があると思いますので、小冊子や広報誌または担当課などに問い合わせをしておくとよいでしょう。
では、実際に不用品回収 口コミをしてもらうにはどのような段取りで進めていけば良いのでしょうか。
順番に大まかな流れと言うものについて触れて行きたいと思います。
先ずは、指定の電話番号に電話をします。
生活科であったり環境課であったりその名称は様々かと思いますが、こうしたゴミを取り扱っている課というものが必ず存在していますのでそちらに電話を掛けてください。
基本的に係りの方のガイダンスに添って進めていけば難しいことは一切無く進めて行くことができるでしょう。
電話番号や住所などというものも聞かれますが、ここでポイントとなるのが「ゴミの詳細」です。
品目はもちろんですが、大きさなどについても詳細伝えることが大切です。
同じ品目であっても大きさによってかかってくる値段が違ってくることも。
ですから事前に採寸などをしておくとよいでしょう。
これらを伝えると費用を教えてくれるかと思います。
その金額に従った「シール」を購入してください。
一般的なものですと1枚500円のシールを指定金額に合わせて購入します。
このシールですが、指定販売店などで売られています。
もちろん、予約なども不必要で購入できますし、店舗詳細ついては上記同様に小冊子などに書かれていることが多いでしょう。
また、店舗に販売されていることを示す登り旗やポスターなどが貼られているかと思いますのでご確認ください。
そしてシールに氏名を記入し指定のゴミ捨て場に置けば良いのです。
大きなもの・重量のあるものであっても自らが運搬することが必要となってきます。
file000138472429日時の指定などについてはありません。
たいていの場合「申し込んでから3日前後」での回収となりますので都合に合わせて電話を入れるようにするとよりスムーズでしょう。
立会いや確認行為もありませんから、出していただいた時点で利用者が行う段取りというものは一切ありません。
この手軽さが自治体サービスの利点でもあるのです。
このように簡単に回収を依頼することができますので、不必要なものを溜め込んでしまう前にサービスを上手に利用すると良いでしょう。
その他、分からないこと・相談をしたいことなどについても電話で指導してもらえますので安心してください。

新着情報

◆2016/04/11
自治体サービスを利用する上での情報を更新しました。
◆2016/01/08
自治体で不用品回収をして欲しいの情報を更新しました。
◆2015/07/29
ゴミ屋敷に悩んでいる方への情報を更新しました。
◆2015/07/29
持ち込みについての情報を更新しました。
◆2015/07/29
回収できないものについての情報を更新しました。